雑学

梅雨の時に頭痛がなぜ起こりいやすい?知ってて得する情報

投稿日:

梅雨の時期ってなぜか頭痛が起こりやすいですよね。

なぜ梅雨時には、頭痛が起こるのでしょうか?その理由を調べてみました。

 

梅雨の時期の頭痛を引き起こさないようにする方法についても紹介したいと思います。

 

梅雨時に頭痛が起こる理由

梅雨に起こりやすい頭痛は、低気圧という気圧の変動によって起こる片頭痛です。

梅雨の時期は気圧の変動が激しくなりやすく、それにより環境や精神的なストレスが引き起こされ、セロトニンが大量に放出されます。

セロトニンの大量放出により、脳の血流が悪くなります。

そしてセロトニンが代謝されると、今度は脳の血管が異常に膨らんでしまいます。

 

脳の血管が異常に膨らんでしまうと、三叉神経が圧迫されてしまいます。

三叉神経が圧迫されることにより、片頭痛が起こってしまうのです。

 

まとめると

低気圧→セラトニン大量放出→脳の血流が悪くなる→脳の血管が異常に膨らむ→三叉神経圧迫→片頭痛

片頭痛は、ズキンズキンと痛むので本当にストレスになりますね。

そんな梅雨の時期は、いろいろ対策して片頭痛を引き起こさないように工夫していくことが大切になります。

 

梅雨の時期の頭痛を乗り切る方法は?

憂鬱な梅雨の時期に頭痛が起こるのは、本当に不快ですよね。

そんな梅雨の時期に頭痛を引き起こさないためには、温度や湿度を快適に保つことが必要です。

 

除湿機や、空調を上手く活用して温度や湿度を快適に保つようにしましょう。

また、マッサージや運動で血流をよくすると片頭痛が起こりにくくなるので、マッサージや運動を上手く取り入れるのもおすすめです。

あとは、ストレスを溜めないようにリフレッシュできるようにしていきましょう。

 

家でのんびり好きな本を読んだり、ショッピングモールでショッピングを楽しんだりするのもおすすめです。

インドアで楽しめる趣味があるとよいですね。

どうしても頭痛になって辛いときは、頭痛薬を飲み、ゆっくり休むようにしましょう。

頭痛薬の飲み過ぎはよくないですが、梅雨の時期に辛いときに飲む程度なら大丈夫です。

 

どうしても辛いときは、頭痛薬を飲んでゆっくり休みましょう。

まとめ

梅雨の時期に頭痛が起こる理由と頭痛を引き起こさないための方法について紹介しました。

梅雨の時期の頭痛は、気圧の激しい変化により引き起こされるから、室内の湿度と温度を快適にすれば、頭痛を引き起こさないでおける場合もあります。

 

もし頭痛が起こった場合は、ゆっくり休むようにしていきましょう。

また、ストレスもよくないのでストレスを溜めないようにいろいろ工夫して、憂鬱な梅雨を乗り切っていきましょう。

-雑学

Copyright© インナービューティーダイエットアドバイザー認定講座の口コミと評判 , 2019 All Rights Reserved.